総量規制外のカードローンについて

今では、カードローンを申し込むときに「総量規制」の存在が気になると思います。総量規制は、貸金業者がお金を貸せるのは、「利用者の年収の三分の一まで」と決められているからです。
これによりパート勤務の人や専業主婦の人の利用が、制限されてしまうことになります。
貸金業法に基ずく「総量規制」とは、「年収の三分の一迄」という、過剰貸し付けを防止するための仕組みです。この対象業種は貸し金業法の適用を受けるもので、・消費者金融 ・信販会社 ・クレジット会社などになります。
・レイクは新生銀行のサービスですーレイクは新生銀行のサービスなので、消費者金融などが受けている ・提携ATMの利用手数料の規制も受けません。消費者金融の場合は、コンビニでのATM手数料がかかりますが、新生銀行のレイクなら「無料」で利用できます。
また、レイクには2つの無利息サービスもありますので、お得にカードローンが利用できます。

低金利のカードローンを使用する利点

カードローンを使用したい時には低金利のカードローン審査に通過してカードを手に入れると有利です。
低金利設定でカードを使う為には返済能力を信用される必要があり、一般的にカードローン審査において高金利の方か審査が柔軟で通りやすくて、幅広い客層が利用出来るようになっています。
逆に低金利カードローン審査に通るには審査基準が厳しい傾向にあり、業者側からすれば低金利で融資を行える客というのは貸し倒れのリスクが少ない優良客でもあり、貸し倒れリスクのある方には高金利設定にして少しでもお金を回収出来るように設定されています。
大手銀行では審査が厳しいですが低金利で融資を行われており、銀行よりも審査が柔軟な消費者金融では高金利となっていますし、大手銀行の場合は低金利で融資可能額も大きいですから、一枚カードを持っていると生活の様々な場面で活用する事が出来るものです。
少ない金額を借りて短期間で完済させる場合は低金利でも高金利でもそれ程大きな違いを実感する事は無いですが、借り入れ額が大きくて返済が長引く時には低金利の恩恵を実感出来るものであり、利息負担額に大きな違いが産まれます。
もちろん低金利で融資を受ける事が出来ると言っても完済させる事は必要であり、事前計画を練ってカードローン利用する事は重要な事ですし、完済までに必要となる日数や利息負担額の計算を行ってから利用すると、返済遅れや滞納を防ぐ事が出来て安全に借金が可能です。
低金利のカードローンを使用する利点は、利息負担額が小さい事が最も大きいですが、低金利で提供出来るカードローンを扱い会社は社会的にも信用されている所が殆どであり、使う側としても安心感を得られます。
審査ハードルが高いと言ってもいきなり大きな金額を希望せずに、まずは小額の申込みを行って返済実績を積み重ねてから融資枠を広げていく方法が有効であり、様々な立場の方が低金利カードローンを利用出来ています。

スピーディ対応が可能な三菱東京UFJ銀行バンクイック

総量規制外のカードローンというと銀行系になりますが、その中でも人気なのが三菱東京UFJ銀行バンクイックです。消費者金融並みのスピード対応であり、審査が早いという特徴があります。インターネットやスマホから申し込み後、最短30分で審査そして回答、最短即日でキャッシングもできるというスピーディさなのです。
利用限度額は500万円までとなっていて、金利は4.6%から14.6%となっています。利用限度額が100万円以下であれば収入証明書も必要がないということで実に簡単で便利なのです。大手銀行の安心感も利用価値を高めています。

PAGETOP